第2展示室

no200  tenji2-2

この展示室は、子どもひとりひとりが、現状の発見や感動を体験できる「科学のおもちゃ箱」です。
体を動かしながら、光・音・空気・電磁気について体験を深めることができます。
見て、聞いて、触れて、エネルギーについて考えましょう。疲れたらディスプレイに向かって「お絵書き」も
できます。

びっくりアーチ

no201

人が出入りするたびに、いろいろな音を出して“歓迎する”アーチです。
コンピュータが瞬時に音を合成して、16種類の中からひとつずつランダムに出します。
今度通るとき、どんな音がでるか楽しみになります。

パノラマ大図鑑

no202

この展示室全体の位置付け、そして世界と日本の科学者の紹介をしています。
現代の私たちの生活は多くの科学者の限りない探求心と努力の恩恵を受けているのだということを訴えて
います。

不思議なボール、温度、ミラーボックス

no203

◇不思議なボール
床に落としても、弾まないボールです。普通のゴムボールと比べてみましょう。
◇温度
手のひらで押すと、手形がつきます。温度の違いを色で表す装置です。
◇ミラーボックス
故障中

音の性質

no204

音の性質のうち、大小と高低について、目で見てわかるような装置です。

音の波

no205

空気中で音が聞こえるのは、音を出すものがふるえ、そのふるえが空気の濃い部分と薄い部分をつくり、
それが波のように伝わっていくからだといわれています。その様子を模式的に表したものです。

色の合成

no206

空気中で3原色の円盤を自分で操作しながら、いろいろな組み合わせで混ぜた場合にどんな色になるか
試すことができます。

光の合成

no207

光の3原色の場合、いろいろな組み合わせで混ぜたときにどんな色の光ができるか試すことができます。

光の屈折

no208

光は、同じ物質の中を進むときはまっすぐ進みますが、密度のちがう物質に進むとき、その境目で折れ曲がる
性質があります。この装置でその様子がよくわかります。

光のスペクトル

no209

太陽の光などは、いくつかの波長の光が混ざり合っています。
プリズムを通すと、光によって折れ曲がり方が少しずつちがうので、混ざり合った光が分かれて見えます。

揚力

no210

たくさんの人や荷物をのせた重い飛行機が空を飛ぶことは不思議です。この装置でそのわけがわかります。

空気抵抗

no211

大気中でくらしている私たちをはじめ、いろいろなものは空気の影響を受けています。より効率よく進む
ためには、空気抵抗を少なくしなければなりません。

空気圧

no212

空気圧を変えることでどんな変化が起きるか試すことができます。

コンピュータで遊ぼう

no222

3Dグラフィックで作られたリアルな魚たちが、パソコンの中をいきいきと泳ぎ回ります。
タッチパネル操作で魚にエサをあげたり、水槽を自由にアレンジできます。

クリーンエネルギー

no214

このジオラマをよく味わって、クリーンエネルギーのこと、環境のこと、地球の未来のことに
思いをはせて下さい。

コイル

no215

電流を流すと磁力が起きて金属のドーナッツが空中に浮きます。未来の乗り物、リニアモーターカーにも
応用されている原理です。

電磁誘導

no216

磁石にコイルをを近づけるとそこに電流が発生します。その電流で、電球をともします。電流と磁力は深い
関係にあるんですね。

人力発電

no218

電気のない生活は考えられません。その便利な電気を発電するとなると意外にたいへん!
自転車をこいで、運動エネルギーを電気エネルギーに変えて、その電気エネルギーがまた、ものを運動
させるということが楽しくわかります。

反射テストロボット

no219

あなたの反射神経のすばやさをを確かめます。

永久磁石

no220

強力磁石で楽しい磁石遊びができます。

不思議な鏡

no221

足や胴の長さが変わって見える楽しい鏡です。

  • チャイルドライン 子どものためのヘルプライン
  • 子育て相談窓口
  • お役立ちリンク